PhotoCafe after@井の頭自然文化園

  • 2018.02.05 Monday
  • 16:48

 

 2018.2.4(日)立春 曇り一時 雪 のち晴れ

 

 久し振りのPhotoCafe撮影会、

 場所は井の頭自然文化園。

 

 

 天気予報では「晴れ」だったのに

 一瞬雪が舞い寒いスタートとなりました。

 

 井の頭公園は訪れたことがありますが

 こちらは初めてでした。

 

 みなさんとご挨拶をして入場し

 中に入れば一旦解散です。

 

 今日は動植物を気ままに撮りたいなぁ。

 あとは彫刻もある様なので

 見に行ってみようかなぁ。

 

 それくらいしか考えて来なかったので

 取敢えず奥へ進んでみました。

 

 最初に魅かれたのは

 黒山羊さん。

 

s-IMG_6324.jpg

 

 目は半開きで白い歯を見せて笑っていて

 何とも言えない表情です。

 ちょっと悪いことを考えていそう。

 

 

 次はフクロウ。

 金網越しでしたが

 時々首をぐるんと回すくらいで

 比較的じっとしていたので

 撮りやすかったです。

 

s-IMG_6359.jpg

 

 これは絶対笑ってる!と思って

 撮りました。

 

 

 カピバラさんはヒーターを挟んで

 2頭が暖を取りぬくぬくしてました。

 春までそこから離れられないのでは・・・笑

 

s-IMG_6352.jpg

 

 

 次第にお天気が回復してきて

 その恩恵を享受するように

 日向ぼっこなフェネック。

 3頭がお団子になって可愛らしかったです。

 

s-IMG_6371.jpg

 

 

 お次はヤマネコ。

 猫は撮り慣れていますが

 金網が目に掛からないように撮るのが

 なかなか難しく苦戦。

 

s-IMG_6385.jpg

 

 

 動物たちを見て

 色々考えていたら疲れちゃったので

 この辺りで離脱。

(何と言ってもリスは苦手だし・・・ガーンネコ

 

 

 先日降った雪の上に

 近くに落ちていたパンジーを乗せました。

 もう少しキラキラした感じを出したかったなぁ。

 

s-IMG_6389.jpg

 

 

 

 これは梔子の実。

 お正月の栗きんとんを作る時に

 乾燥した状態ではお目に掛かりますが

 実がついているところは初めて見ました。

 

 

 

 

 

 動物園の横には小さな”ゆうえんち”がありました。

 

 

 

 メリーゴーランドの木馬の顔が

 愛らしくて子どものおもちゃみたい。

 

 

 

 

 気が付けば集合時間になっていて

 彫刻は見に行かずに終わってしまいました。

 (私の中の撮影会あるある ポカーンネコ

 

 

 

 お昼になったので公園近くのカフェで一旦休憩。

 

s-IMG_6456.jpg

 

 お腹が満たされ身体もぽかぽかして

 このまま眠ってしまいたいと思いつつ

 分園の水生物園に移動です。 

 

 

 中に入ると水生物館の建物に影が映って綺麗でした。

 

s-IMG_6458.jpg

 

 

  鶴が立っているだけじゃないか、

 と言われてしまいそうですが

 フクロウと違いじっとしていないので

 檻の金網を消しつつ

 目をきちんと捉えるのが大変でした。

 

s-IMG_6495.jpg

 

 

 アヒル君も当然じっとはしていなくて…笑

 でも、きらきらした水面を

 気持ちよさそうに進んでいる感じは出せたかな。

 

s-IMG_6478.jpg

 

 

 

 陽が傾き始めてから

 沈むまでの光が好きで

 好みの光を探してこの辺りをうろうろ。

 

s-IMG_6485.jpg

 

 そうこうしている内に

 撮影会は終了し

 レビューへと移動しました。

 

 前回のPhotoCafeでは

 自分でもビックリするほど

 落ち込んでしまいましたが、

 PhotoCafeは練習だから

 出来ないことが分かったのはラッキー!

 と気持ちを切り替えることにしました。

 (強い気持ちでそう言い聞かせる!!)

 

 今回もみなさんの素敵なところを

 いくつも見せて頂いたので

 少しずつでも吸収したいなぁ

 と思いました。

 

 桐島先生、さくまさん、

 ご一緒だったみなさん

 今回もありがとうございました。

 

 Rie ねこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  〜追記〜

 

 動物は可愛い。

 だから身近に感じられるのは

 確かに嬉しいです。

 

 そういう経験の中から

 自然や動物を愛するようになって

 大切にすることに繋がる、

 というのも理解できます。

 

 実際に動物園で保護されることが

 必要な場合もあるでしょう。

 

 でもね、ってやっぱり思う。

 

 それは我が家の愛猫wishとkakaにも

 ある意味言えることで。

 

 勿論、猫は絶対に室内飼いの方が

 安全で良いと思っていますが

 外を好きな様に歩くことが出来たら

 ずっと楽しいに決まってる。

 

 だからこそ、ありがとうの気持ちで

 一緒にいたいなぁと思っています。

 

 wish、 kaka大好き。