PhotoCafe テーブルフォト教室〜花とアンティーク〜

  • 2019.03.04 Monday
  • 00:17

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

2019年3月2日(土)晴れ

 

 合同展以来なので、3ヶ月振りのPhotocafé。

 

今回は三鷹の”テラス”さんで

「花とアンティーク」のテーブルフォト教室。

 

Photocaféの無かったこの数か月間は

何だかぼんやりと過ごしてしまいました。

 

あんまり久し振りだったので

前日から緊張・・・

 

カメラのバッテリーを充電して

フィルムもチェックして

テキスト、ペン、ノート、

そしてテーブルフォト用に小物も用意。

 

子どもの頃は遠足が嫌いだったので

ちょっと違うけど、、、

そんな気持ちに近い落ち着かない感じ。

 

でも、会場で桐島先生がスタイリングして下さった

素敵な小物たちを見ていたら

静かにわくわくしてきました。

 

 

 

IMG_0500.jpg

 

 

 

講義を聴いた後には

2人ずつ順番にスタイリング。

 

私は今回お気に入りの仮面を持参しました。

 

テーブルフォトは2回目の受講ですが

どうも上手くスタイリング出来ず

先生に手伝って頂き漸く完成しました。

 

少し前に宝塚の「Phantom」というお芝居を観劇し

感じたことを残せたらいいなぁと。

 

 

 

実父に撃たれて最期を迎えたファントムですが

クリスティーヌに自分の真実の姿を受け入れられた

という想いを胸に抱き逝くことが出来た彼は

きっと幸せだったと思うのです。

 

写真中央の本(実際は小さなノート)に"Phantom"

 

そしてファントムがクリスティーヌに想いを伝える歌の一節

"You are my Music"

 

を文字で入れてみました。

 

 

こうして見ると色々反省点があるのですが

それは次に活かしたいと思います(汗;;;)

 

IMG_0501.jpg

 

 

 

 

 お隣でスタイリングしていたのは

 愛猫dollをお連れのchisa様。

 

 スタイリング後の撮影も楽しそうです(*^^*)

 

IMG_0502.jpg

 

 

 スチームパンクのレオぽん!!

 

IMG_0503.jpg

 

 

 

 続いてはyuriさん宅のくるみちゃん。

 テラスさんの片隅で読書中かな。

 

IMG_0504.jpg

 

 

 

 長い睫毛が印象的な可愛いお嬢様。

 

IMG_0505.jpg

 

 

 

 こちらはyasukoさん。

 大好きなイチジク、、、

 今日の私のテーマには合わなかったので諦めたのですが

 yasukoさんが素敵にスタイリングされていて嬉しかったです。

 

 パリの市場みたいだなぁ、、、

 など妄想が広がります。

 

IMG_0506.jpg

 

 

 休憩時間も決して休むことなく

 他のテーブルにお邪魔して撮影。

 

 こちらは桐島先生宅のいばらさん。

 目を合わせて頂けず(笑)

 サクッと撮らせて頂きました。

 

IMG_0507.jpg

 

 

 

 yuriさん宅からはもうお一人参加。

 こちらは白玉ちゃんこと、ゆきみちゃん。

 本当に可愛い・・・(相変わらず語彙貧)

 

IMG_0508.jpg

 

 

 

 

 そして初めましての方がお連れになった

 アニーちゃん。

 

 小柄なのですがとても存在感があり

 抱き上げて話し掛けたくなります。

 とても大切にされているんだろうなぁ

 と感じました。

 

 これは休憩中のテーブルの上に腰掛けているところ。

 

IMG_0509.jpg

 

 

 こちらはスタイリングされたアニーちゃん、

 可愛らしいのでみなさん撮影に力が入ります。

 

IMG_0511.jpg

 

 

 

 そして最後はnezu様。

 nezu様のおばあ様が大切にされていたお人形、

 明治時代のものだそうです。

 

 花束を抱えたお人形とミモザの雰囲気が合っていて

 とても優しい世界に触れることが出来ました。

 

IMG_0514.jpg

 

 

 ちょっとお澄ましした顔が可愛い。

 

IMG_0512.jpg

 

 

 

 久し振りの撮影会はカメラ脳をフルに使い

 とても疲れました。

 

 何となく写真を撮るのも好きだけど

 目的を持って考えて撮るのは

 やっぱり楽しい。

 

 テーブルフォトは家の中でいつでも出来るので

 練習してみようと思います。

 

 桐島先生、ご一緒させて頂いたみなさん

 楽しく有意義な時間をありがとうございました。

 

 Rie